ぱってブログ

家を買ったら仕事やめた…

1歳7ヵ月のおっぱい大好き息子に、母乳はいつまであげるか

   

母乳をいつまで飲ませるか

 10人いたら10通りの考え方があっていいと思います。

 

私は、息子が“おっぱいはもういらない”となるまで、あげ続けたいです。

 

眠いとき、お姉ちゃんに怒られたときなど

 

息子「ぱ~いぱ~い」

 

眉毛を下げた困り顔で、私のところへ来ます。

 

私が服をめくると、ハホハホと笑いながら嬉しそうに口をポッカリ開ける息子。

おっぱいをもらえるのが、わかるんですね。

 

料理をしてるときに「ぱ~いぱ~い」と来ることがあります。こういう手が離せないときに限って姉弟でケンカをしたりするんですよね。 

4歳と1歳なので、当然のように娘が圧勝です。

すると、息子は私に助けを求めに来るんです。

 

火を使ってたりすると、すぐにおっぱいはあげられないので「まっててね~」と言うと、なんとも悲しそうな顔をして見上げてきます。

 

諦めきれず、悲しい顔をしながら「たいたい」(飲みたい)と言うのですが「まだだよ」と返すと息子は床にゴローンとしてしまいます。泣きながら。

 

そんな息子の姿を見てられなくて、毎回料理は中断せざるを得ません。

 

“面倒くさいなぁ。またおっぱい?”なんて思ってしまうときもあります。

 

寝かしつけのとき、おっぱいを吸いながら寝た息子が無意識にガブッと乳首に歯を当ててしまい「いたっ(怒)」となることもあります。

 

でも、やっぱりおっぱいを吸っている息子の姿はすごく愛しいんですよね。

おっぱいをくわえたまま、無防備な姿で眠る息子を見るのが大好きなんです。

 

授乳は、息子が私の事を必要としてくれてるんだなぁって、感じる一時でもあるので、きっともうじきやってくる卒乳のときは、寂しくなるかもしれませんね。

だから、息子がいらないというまで、おっぱいをあげたいんです。

 

娘のときは母乳がしずくほどしかでませんでした

娘もおっぱいで育てたい気持ちはあったのですが、乳首が切れるばかりで全然でませんでした。

頑張って搾乳しようとして、30分くらい搾乳器でシュパシュパやっても哺乳瓶には5ミリ程度(T_T)

私は妊娠中毒症になってしまったので、産後も血圧が高く、薬を飲み続けていました。

そんなこともあり、娘には積極的にミルクをあげていたんです。

本格的におっぱいを吸わせ始めたのは生後1ヵ月くらいからです。

 

普段、ミルクをゴキュゴキュ飲む娘にとってたった5ミリの母乳は

“え?今の何?ちょっと味がしたような気がするけど飲み物じゃないよね?少なすぎだよね?”

くらいの量だったんじゃないかと思います。

 

おっぱいをあげたいけど、乳首が痛いだけででない。本当にくやしくて悲しかったんです。

完全母乳にすると決めたんです

だから、息子は絶対おっぱいで育てたいという気もちがあり、妊娠中から乳首を柔らかくするマッサージをしたり、ネットでみつけたぽぽたんを飲み続けました。

妊娠中って、カフェインとか良くないっていわれますけど、ダメと言われると無性にコーヒーが飲みたくなるんですよね。

その欲望を満たしてくれたのがぽぽたん。

ぽぽたんってノンカフェインなのに、コーヒーみたいな味がするんです。

甘味もあってコーヒーみたいで、しかも母乳がよくでるようになるっていう噂も聞き、ますます気に入りました。

 

息子を完全母乳で育てられたのは、ぽぽたんのお陰が6割くらい占めてるんじゃないかと思います。あとの4割は私の執念ということで(笑)

とにかく、ぽぽたんには感謝です。

 

励みになります。
ぽちっと応援お願いします。

主婦のブログたくさんあります。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

 - 子育て