ぱってブログ

家を買ったら仕事やめた…

ランドセル選び。夏休みが終わり9月に!出遅れた人の探し方

   

ランドセルといえばセイバン?

娘が年長なんですが、気がつけば夏休みも終わり2学期が始まりました。

で、焦ったことのひとつ。

そう。ランドセルです。

けっこう夏休み中に買ってる人が多いことにびっくり\(◎o◎)/!

お盆に帰省してじいちゃんばあちゃんに買ってもらうっていうパターンかな??

我が家はね

「ランドセル買ってね」

ってお金をもらったんだけど、そのうち〜ってのんびりしてたら夏休みが終わっちゃったの。

しかも私『てってんてん天使のっはっねっ!』のCMでおなじみのセイバンのランドセルをネットで買えばいいや〜って何年も前から思ってて、本当に余裕ぶっこいてました。

まわりのみんなが買いだしたことに焦った私。

 

とりあえずイトーヨーカドーにセイバンを見に行こう!

 

ランドセルって高いんだね。しかも派手なものが多いね。

売り場に着いてビックリ!

娘も

「かわい〜(≧▽≦)」

親子できらびやかなランドセルに感動。

でもね、これ6年間使うんだよね。

っていうか高いんだから6年間しっかり使ってもらわなくては困るのだよ。

かわいいんだけど…………。6年間。どうなんだろ。

飽きずに使えるのかな。

娘はどれもこれも

「気に入った!これにするっ!」

私「(ー_ー;)」

 

娘に意見を聞いていたらラチがあかない!私が頑張って最高のランドセルをみつけるんだ!

 

久しぶりに燃えました( ̄ー ̄)ニヤリ

 

ランドセル作りが得意そうな老舗カバン店にも注目してみた

いくつかみつけたんですが、やっぱりな。

老舗カバン店。売り切れの連続。_| ̄|○ il||li

うすうす気がついてはいたが、やっぱり我が家は出遅れていたのね。

老舗カバン店のランドセルはなかなか良いお値段するし、昔ながらのシンプルなものが多かったりするんだよ?

なのに売り切れ続出。ってことは、シンプルで高級なランドセルを好む人がけっこういるってこと。

老舗カバン店のホームページを良く見てみると、なるほど。みんなが選ぶ理由がわかってきました。

 

◯職人が一つ一つ手作りしてる

◯ナスカン(ランドセルのサイドの金具)ひとつをとってもこだわりがある

◯素材にこだわりがある

◯見た目に品がある

 

なんだか、カバン店がつくるランドセルに興味が湧いてきた私。

いくつか厳選してみました。

村瀬鞄行

鞄工房 山本

IKUTA&Co.

MOGI

宇野カバン店

松山カバン

 

ランドセルの持ち手について

私が小学生のときのランドセルに持ち手なんてなかったんですけどね。

最近のランドセルって持ち手がついてるものがあるんです。

子どもが背負ったとき、ちょうどうなじのあたりに持ち手があります。

それがあると、家の中や学校でランドセルを移動させる時に便利なだけじゃなく、子どもが低学年のうちは親が背負うのを助けるときにいいんだって。

かといって、どのランドセルにもついてるわけではありません。

ついてるついてないついてるついてない…(@_@)迷いますね。

で、ネットで口コミとかを読み漁りましたところ、あってもなくても良いみたい。

逆に持ち手があったがために、後ろからきた友だちがふざけて持ち手をつかみ、転ばされてしまったなんてこともあるんだとか。

想像するとコワイですよね。

危ない〜!!!

まぁ、私も小学生の頃、後ろからきた友だちにランドセル事態に体重をかけられて後にスッテンコロリンしたことはありましたけど。

だから、持ち手があるから転ばされるってわけではないかもしれませんが、あってもなくても良さそうですよね。

娘に持ちてについて意見を求めてみたら

「別になくても平気じゃん。他に持つトコあるんだから」

ごもっとも。

あるなしは、特に気にしないでデザインやつくり、金額で選んでもいいのかもしれませんね。

夏休みが終わって9月になってしまった人は

うちのようなパターンの人なら、

1.イトーヨーカドーとかイオンに行く

2.刺繍などが派手なものが多く気になる

3.シンプルなランドセルが欲しくなる

4.鞄工房の存在を知る

5.売り切れが多いことにびっくりする

そんな流れになると思います。

後日、カバン工房に行ってみるのでそのときにまた書きたいと思います。

まだ売れ残っているランドセルの中で決めるしかないですね!

出遅れたんだから仕方ありません。

それでも、十分いいランドセルはありますから、妥協する必要もありません。

だいたい5〜6万円でシンプルなランドセルは余裕で買うことができます。

 

励みになります。
ぽちっと応援お願いします。

主婦のブログたくさんあります。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

 - 子育て