ぱってブログ

家を買ったら仕事やめた…

異所性蒙古斑 3回目の手術➁

      2015/06/18

来てくださってありがとうございます。

このブログは生まれつき右腕に異所性蒙古斑があった娘をもつ母親が、完治までの経過を書き綴ったものです。

同じような悩みを持つ方が、この治療記録を見て少しでも参考になりましたら幸いです。

 

3回目手術後、初めてのお風呂

手術後、はじめてお風呂に入れるため、包帯をとると、自分の腕を見た娘はいきなり号泣しました。

紫色の筋状のレーザー跡があったので、それが怖かったみたいです。

o0320024013138664918

 

そのときは、なんとかなだめてお風呂に入れましたが、皮がむけるまでの間は腕を見るのを怖がり、見てしまうと泣いたり、母の胸に顔をうずめていました。

 

変なにおい

紫色で筋状になっていたレーザー跡のところは、だんだん茶色くなり、ひび割れてきて皮がむけ始めていました。

包帯を変えるたび、茶色の皮が少しずつガーゼにくっついてきていたので、自然にむけてきれいになるんだろうと思っていました。

でもそれがいけなかったみたいです。

娘と遊んでいるときや娘が近くを通るたび、変なにおいがしていました。

よく傷口からにおうような独特なにおいです。

腕のにおいをかいでみるとまさにそこからでした。

むけ始めていた皮をそのままにして、お風呂でもかるくしか洗っていなかったので臭くなってしまったようです。

すぐにお風呂に入り、いつもよりしっかり目に洗い、皮を洗い落とすようにしたら、においはきれいさっぱり消えたのでホッとしました。

娘にはかわいそうなことをしてしまいました。

o0320024013138664920

 

経過

風邪の流行っている時期だったので、娘と二人でマスクをして病院に行きました。

待合室で隣に座っていたおばちゃんに「マスクしてえらいね」と言われると、娘は照れながら「はい」と言っていました。

娘はものすごく人見知りするので、この反応はめずらしく驚きました。

先生に腕を診てもらうと、まだ手術の跡があるので、また3か月後に見せてくださいとのことでした。

腕は、レーザーを当てたところが少しピンク色のようになっていました。

 

経過

手術後の経過を診てもらいに行きました。

娘に泣かないで先生に診てもらおうねと言うと、本当に泣かずに自分で腕を差し出すことができ、感動しました。

腕の写真を撮られた時には「怖い」と泣いてしまいましたが、よく頑張ったと思います。

先生にはまだ赤みがあるので保湿をするように言われ、ヒルドイドを処方されて帰りました。

 

経過

病院のエントランスに着くと、声を殺してしくしくと泣きだし、先生に診てもらうときには母の肩に顔をうずめて泣いていました。

病院は怖いところだと思っているようでした。

先生「腕はだいぶきれいになっているのでもう手術の必要はないと思います」

「でもうっすら残っている青い部分をお母さんが気になるということでしたらもう一度レーザーを当ててもいいかもしれません」

「やるとしても本当に少ないので、全身麻酔ではなく、部分麻酔でやることになるでしょう」

私「娘は暴れてしまうと思います」

先生「何人かで手足を抑えてということになります」

部分麻酔で娘も暴れ、怖い思いをさせるぐらいなら、もう手術はさせなくていいかと思いました。

手術をするかしないかは、次回の診察で決めることになりました。

経過

主人や親せきともよく話し合って、もう娘の手術はしないことに決めました。

先生も一番最初に撮った写真と今の娘の腕を見ながら「本当にきれいになりましたね」と喜んでくれました。

腕のこともあるので、幼稚園は2年保育にした方が良いのではないかとも考えていましたが、先生にもう日焼けをしても大丈夫ですよと言われ、一気に肩の荷がおりました。

半袖で外に出てもいいんですかと興奮気味に聞くと、もちろんですという答えが返ってきました。

生まれたときから私や主人、親戚が悩み、心配もたくさんした娘の異所性蒙古斑。

2歳9か月にしてすべての悩みと不安から解放されました。

o0320024013138672154

 

励みになります。
ぽちっと応援お願いします。

主婦のブログたくさんあります。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

 - 子どものあざ