ぱってブログ

家を買ったら仕事やめた…

カルボナーラをアレルギーの息子と食べるときの注意

      2015/07/27

卵アレルギーがある我が息子。

家族で食卓を囲む際は、細心の注意が必要です!(´Д`;)

息子は1歳になったばかりですが、なんでも触り、まずは口に入れて確かめたいんです。

ハイハイを、とことん極めたいご様子で、まだ歩かない息子。

おっ!一人で立ってる!

すごい!

私「こっちこっち!!」
「ママんとこおいでヾ(@°▽°@)ノ」

息子「う?……う~(≧▽≦)」

ぺちゃっと座り、ダンッと両手を床につき、フルスピードのハイハイで来て、私の膝にダイブ。

話はそれてしまいましたが、そんな感じで、歩かないもののハイハイで瞬間移動なみの(言い過ぎ)ワープをするので、アレルギーのあるものを食べるときは、神経を使います。

先日、カルボナーラを食べたときは、汁が飛んだらいけないと思い、息子に背を向けて食べました。

娘とパパにも息子から離れて食べてもらいました。

ちなみに、カルボナーラを作ったとき、仕上げに卵の黄身だけを投入しました。

そのとき、卵をパカッと割って、ほいっほいっほいほいほい(ワッキーのおばけの救急車のリズムで)と左右に黄身を移動させてたら、調子に乗りすぎて手に卵白がついてしまったので、ものすごい丁寧に手を洗いました(・ω・)b

チョコクロワッサンの破片で、アレルギーがでてしまったばかりの息子。゚(T^T)゚。

あれだけこぼさないように気を付けたのに、こぼれていたんですよね。

もう怖いので、残りのクロワッサンは、子どもたちが寝たあと、パパと二人でシンクの上で食べました( ̄▽+ ̄*)

アレルギー、ほんと怖いです(_ _。)

励みになります。
ぽちっと応援お願いします。

主婦のブログたくさんあります。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

 - アレルギー