ぱってブログ

家を買ったら仕事やめた…

病院めぐり

      2015/06/18

来てくださってありがとうございます。

このブログは生まれつき右腕に異所性蒙古斑があった娘をもつ母親が、完治までの経過を書き綴ったものです。

同じような悩みを持つ方が、この治療記録を見て少しでも参考になりましたら幸いです。

田舎の皮膚科

乳児湿疹がひどくなり、実家の近くにある皮膚科を受診することにしました。

もちろんそのとき、あざのことも診てもらうつもりです。

乳児湿疹の薬を顔に塗ってもらったあと、右腕のあざを診せました。

先生はおもむろに診察室の奥の方から大きな図鑑みたいなものを持ってきてパラパラとめくり始めました。

そして、私に見せてくれたページには異所性蒙古斑という単語が書いてあり、たしかあざの写真も載っていました。

先生はそれを見せながら、おしり以外の場所にできる蒙古斑を異所性蒙古斑なんだと教えてくれました。

そして、これだけ濃いと自然に消えるのは難しいと思うので、大きな病院で診てもらった方がよいと言われました。

今は里帰り中なので、自宅に戻ったらまた近くの皮膚科に行き、大きな病院を紹介してもらうことにしました。

自宅近くの皮膚科

こんなことを言っては診てもらった皮膚科の先生に失礼ですが、正直、皮膚科ならどこでもいい、とにかく大学病院の紹介状が欲しいという気持ちで近所の皮膚科に行きました。

娘の右腕のあざを診せると「このあざは消えにくいものです」ときっぱり言われました。

そしてすぐに「S大学病院の紹介状を書きますので行ってみてください」サラサラっと紹介状を書いて渡してくれました。

念願の大きな病院の紹介状をもらい、心なしか気持ちが少し軽くなり、一筋の光が見えたように感じました。

赤ちゃん訪問

里帰りをしていたため、訪問の時期を遅らせてもらい、ちょうど3か月になった日、助産師さんを自宅にお招きました。

日々の育児の話を聞いてもらったり、これからの予防接種について教えてもらい、最後に娘の体重測定がありました。

その際におむつ1枚の状態になりますし、右腕のあざには気付いているようでした。

助産師さんはあざについて何も言ってこないので、気が付くと私から「あの…すごく濃いあざがあるんです」と言っていました。

私より十歳以上年上に見えて落ち着いた雰囲気のあるの助産師さんは、やさしく「そうだねー、お母さん気になっちゃうよね」と娘のあざの部分をさすりました。

私は何とも言えない気持ちになり、涙で目の前がゆがんでしまい、必死に涙をこらえました。

そして「うちに2人むすめがいるのだけれど、下の子は両足首に青いあざがあるのよ」「でも、本人は気にしていないみたい」と明るくおっしゃいました。

娘のほかにも異所性蒙古斑がある子もいるんだと少し安心しつつも足首だけなんてうらやましい。実は娘には右腕だけではなく、右足首にも青あざがあったのです。

でも足首は靴下で隠せそうだし、何より右腕のあざが大きいので、足首のあざはあまり気にしていませんでした。

なんとも複雑な気持ちになった赤ちゃん訪問でした。

o0320024013135868611

 S大学病院へ

雨と風が激しい日、娘をエルゴで抱っこしてS大学病院へ行きました。

大きな病院というだけあって予約なのにかるく2時間は待たされてしまいました。

娘の診察はまず、右腕をだし、写真を撮られ、「お尻も見せてください」と言われたので、オムツをずらすと、お尻の蒙古斑もパシャっと写真を撮られました。

そして先生は、分厚い図鑑のようなものをぺらぺらめくり、異所性蒙古斑の写真を見せてくれました。

「このあざですと、レーザー治療が有効だと思われますが、当病院ではレーザー治療はおこなっていないんですよ」「まだお子さんも小さいですし、しばらくは定期的に見せてもらって様子を見ましょう」と言われました。

正直、私も主人もがっかりでした。

大学病院に行けばきっと治療してもらえる、私たちの不安も解消するはずと大きな期待を寄せていたので、がっくり肩を落として帰りました。

ふりだしに戻るという感じでした。

4か月健診

4か月健診は、地域健康課でBCGと合わせて集団で行われました。

身長、体重測定をし、BCGで大泣きをした娘をあやしながら、希望者のみの育児相談コーナーに行きました。

「娘の腕に大きなあざがあり悩んでいます」「私が妊娠中に何かいけないことをしてしまったんですかね」というと、担当してくれた私と同じ年齢ぐらいの小児科の先生は、間髪入れずに「決してお母さんのせいではありません」「それだけは言い切れます」「つらかったですね」と言ってくれました。

涙は我慢できませんでした。

そして、T大学病院の紹介状を書いてくれました。

この日は本当に救われた思いで帰りました。

T大学病院へ

4か月健診で紹介されたT大学病院の皮膚科へ娘を連れていきました。

待合室ではおとなしく母の膝の上で遊んでいた娘ですが、白衣の先生を見た途端、大粒の涙を流して泣いていました。

ベテラン風の女性の先生は「ここではレーザーはできない。レーザーをやっているとこを知っているので紹介します」

正直、また紹介状?と驚きましたが、ありがたいことだと思いました。

それにしても大きな病院って待ち時間が長いなぁ。

娘が飽きないようにおもちゃを持参したり、あと娘はミルク育ちなので、粉ミルクとお湯、オムツなど荷物が大量でした。

両手が空くようにリュックがいいだろうと思い、前にエルゴ+娘、うしろにリュックで行ったら、かえって電車やバスで私自身、身動きが取りにくくなり、人にぶつかってしまったり、座席に座ろうとしたらリュックがあるのをわすれてて、ウワッと前のめりになってしまいました。

両手が空くことにこだわらなければよかったです。

励みになります。
ぽちっと応援お願いします。

主婦のブログたくさんあります。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

 - 子どものあざ